水から始める真面目なスキンケア《ミ:ラグロ》

アロマオイル(エッセンシャルオイル|精油)と《美肌水ミ:ラグロ》、アロマミスト・ローションや化粧水作りにも活躍します。

ホームへ マイアカウント画面へ プライバシーポリシーへ 特定商取引法に基づく表示へ 配送方法と送料について お支払い方法について 会社案内へ お客様の声へ お問合せ画面へ
Check      カートの中を見る
お肌に低負担・低刺激の水・スキンケア《ミ:ラグロ》
・特許証/検査証
日本国【特許証】 日本国【特許証】
主な特許技術 主な特許技術
日本食品分析センター【検査証】 日本食品分析センター【検査証】

・スキンケア
スキンケアの基本 スキンケアの基本
しわ、小皺 しわ、小皺
シミ、くすみ シミ、くすみ
ニキビ ニキビ
毛穴(開き・つまり・黒ずみ) 毛穴(開き・つまり・黒ずみ)
インナードライスキン インナードライスキン
乾燥肌 乾燥肌
脂性肌(オイリー肌) 脂性肌(オイリー肌)
アトピー肌、敏感肌 アトピー肌、敏感肌

水クレンジング 水クレンジング

・頭皮/髪
ヘアケア ヘアケア
抜け毛 抜け毛
フケ フケ
頭の臭い 頭の臭い

・足
水虫 水虫

ウイルス対策 ウイルス対策
花粉症 花粉症

・知っておこう
「pH」とは? 「pH」とは?
「ORP」とは? 「ORP」とは?
活性酸素とSOD酵素 活性酸素とSOD酵素
お肌の新陳代謝 お肌の新陳代謝
スキンケアの基本 スキンケアの基本

・ミ:ラグロのパワー/データ
2滴で判る、浸透力 2滴で判る、浸透力
キャンバス沈降法による浸透力測定 キャンバス沈降法による浸透力測定
除菌力 除菌力
美化能力/還元力 美化能力/還元力
浸透力/還元力 浸透力/還元力
豊富なミネラル 豊富なミネラル
洗浄力/分解力 洗浄力/分解力

・ミ:ラグロ活用法
アロマローション アロマローション

お客様からの声 お客様からの声
発明家「細田勇蔵氏」の紹介 発明家「細田勇蔵氏」の紹介
会社案内 会社案内
サイトマップ サイトマップ

★主要スキンケア商品
フェイスケア美肌水《アグア》
Agua《アグア》フェイスケア美肌水

ポイントケア 美肌水《グラーノ》
GRANO《グラーノ》ポイントケア 美肌水

鼻ケア・ミスト《ナリス》
Nariz《ナリス》鼻ケア電解水(ミスト)

フットケア除菌・消臭水《ウエラ》
Huella《ウエラ》フットケア除菌・消臭水

携帯用スキンケア美肌水ミスト
AllRound《オールラウンド》携帯用スキンケア美肌水ミスト

スキンケア美肌水ミスト《100ml》
AllRound《オールラウンド》スキンケア美肌水ミスト100ml

スキンケア美肌水ミスト《300ml》
AllRound《オールラウンド》スキンケア美肌水ミスト300ml

アルカリ/スキンケア水《100ml》ミスト
F12アルカリ/スキンケア水《100ml》ミスト

アルカリ/スキンケア水《300ml》ミスト
F12アルカリ/スキンケア水《300ml》ミスト


★お試し(トライアル)セット
トライアル(お試し)セット
トライアル(お試し)セット

アトピー肌・敏感肌用 お試しセット
アトピー肌・敏感肌用 お試しセット

F12トライアル(お試し)セット
F12トライアル(お試し)セット


★商品検索

★商品カテゴリー
ミ:ラグロ《スキンケア美肌水》
ミ:ラグロ《大容量》
ミ:ラグロ《医療・研究用機関》
ラ:セグーラ《医療・研究機関用》

◆カートの中を見る◆
◆メルマガ登録・解除はこちら◆
◆アフィリエイトについて◆
★当社の他製品
ノンアルコール・アロマ水《アロマメーゼ》
アトピー肌トラブル肌用スキンケア・アロマ水《アトリブ》
ペット・動物ケア衛生水《Qtyan》
工業・医療用洗浄水/電解水《UzOx》
パワーストーン・アクセサリー《nonpe》
アロマオイル(エッセンシャル)と《ミ:ラグロ》
エタノールも、精製水も使わない 新・アロマローションの勧め
アロマテラピーをされる方、アロマミスト・ローションや化粧水を製造されている方へ


作用が強く、希釈しないとスキンケアとして使うことが出来ないエッセンシャルオイル(精油)
エタノール(アルコール)や精製水を使わない、新しい希釈方法をご紹介します。


《スキンケア アロマミスト・ローションのイノベーション》
エッセンシャルオイル(精油)が持つ効果・機能

+ 「防腐効果」「殺菌効果」「収斂効果」
+ 「香り保持」「還元力」「浸透力」・・・
しかも、「低刺激」「低負担」
アルコールフリー・防腐剤フリー・化学物質フリーで、本物のナチュラルスキンケアを実現できます。

《アロマローション機能比較》
次の分量での機能比較です。(精油1滴は 0.05ml)
a=無水エタノール(5ml)、エッセンシャルオイル(6滴)、精製水(25ml)
  (アルコール分17%)
b=エッセンシャルオイル(6滴)、ミラグロAgua(30ml)
c=エッセンシャルオイル(6滴)、精製水(30ml)
エッセンシャルオイル(精油)+
エタノール+精製水
ミ:ラグロ
精製水
香り保持 × ×
防腐 ×
殺菌 ×
ウイルス除去 × ×
収斂作用 ×
低刺激性 ×
溶解性(乳化力) ×
透明度 ×
使用感 ×
さっぱり感
浸透力 ×
保湿力 ×
・香り保持 a(×)=エタノールでエッセンシャルオイル(精油)本来の香りが損なわれる。
b(○)=香りの持続性が高い。
c(×)=精製水は腐敗が速く、腐敗と比例して香りも損なわれる。
・防腐(品質保持) a(△)=アルコールでの防腐効果。
b(○)=雑菌が繁殖しにくいpH域の為、防腐となる。
      「pHとは?」のページへ『pHとは?』を参照して下さい。
c(×)=防腐効果は、無い。
ミ:ラグロは、2年以上性質が変化しない【安定力】という大きな特長を備えています。
・殺菌 a(△)=エタノールが40%以上ないと殺菌効果は期待できない。
     (アロマローションは通常10%〜17%)
b(○)=ミ:ラグロの除菌力は「除菌力」のページへ『除菌力』「日本食品分析センター検査証」のページへ『日本食品分析センター【検査証】』
     でご確認下さい。
c(×)=殺菌効果は、無い。
・ウイルス除去 a(×)=エタノール17%では、ウイルス除去能力は期待できない。
b(○)=ミ:ラグロのウイルス除去能力は「ウイルス対策」のページへ『ウイルス対策』を参照して下さい。
c(×)=ウイルス除去能力は、無い。
・収斂作用 a(○)=アルコールによる収斂作用。
b(○)=水素イオン水は、『肌を引き締め』『肌にはりを保つ』などの収斂作用
  (アストリンゼン効果)が実証されている。
c(×)=収斂作用は、無い。
・溶解性(乳化力) 溶解とは、液体が他の液体と混合して均一な状態となる現象
乳化とは、互いに混ざり合わない液体の一方を微粒子にして他方に分散させること。
a(○)=アルコールによる親水性。
b(○)=ミ:ラグロによる親水性。
c(×)=水と油が分離。
・透明度 a(×)=透明度が低い。
b(○)=ミ:ラグロの粒子が細かい為、透明度が高い。
c(△)=オイルが溶解していないのでaより透明度が高く見える。
・さっぱり感 a(○)=エタノールにより、スッとした感じがある。
b(△)=ややある。
c(△)=ややある。
・浸透力 a(×)=エタノール入りは揮発性が高い為、浸透する前に蒸発する量が多い。
b(○)=ミ:ラグロの浸透力は、精製水の49倍。
     詳しくは、「キャンバス沈降法による浸透力測定」のページへ『キャンバス沈降法による浸透力測定』を参照して下さい。
c(○)=浸透する量は、aよりかなり多い。
・保湿力 a(×)=エタノール入りは揮発性が高い為、蒸発する量が多く、
     季節・環境によっては肌の水分を逆に奪ってしまう。
     ※「保湿成分配合」と謳っているものは主に「グリセリン」を配合、
      「グリセリン」は、三価のアルコールです。
b(○)=aよりは高い。
c(○)=aよりは高い。
※エッセンシャルオイルによっては、
 精油自体に「防腐効果」や「殺菌効果」「ウイルス除去能力」「収斂効果」「保湿力」を持つものがあります。

《溶解性(乳化力)と透明度》
    a(左)=無水エタノール(2.5ml)、エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(12.5ml)
    b(右)=エッセンシャルオイル(3滴)、ミラグロAgua(15ml)
    攪拌は、作成時一度だけ20回上下に振ったのみ。放置し時間経過での変化。

・ラベンダー(Lavandula officinalis)
アロマローション(ラベンダー)作成直後 アロマローション(ラベンダー)3時間後 アロマローション(ラベンダー)6時間後 アロマローション(ラベンダー)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(ラベンダー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(ラベンダー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・ローズマリー(Rosmarinus officinalis)
アロマローション(ローズマリー)作成直後 アロマローション(ローズマリー)3時間後 アロマローション(ローズマリー)6時間後 アロマローション(ローズマリー)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(ローズマリー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(ローズマリー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・フランキンセンス(Boswellia serrata)
アロマローション(フランキンセンス)作成直後 アロマローション(フランキンセンス)3時間後 アロマローション(フランキンセンス)6時間後 アロマローション(フランキンセンス)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(フランキンセンス)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(フランキンセンス)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・ジュニパーベリー(Juniperus communis)
アロマローション(ジュニパーベリー)作成直後 アロマローション(ジュニパーベリー)3時間後 アロマローション(ジュニパーベリー)6時間後 アロマローション(ジュニパーベリー)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(ジュニパーベリー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(ジュニパーベリー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・イランイラン(Cananga odorata)
アロマローション(イランイラン)作成直後 アロマローション(イランイラン)3時間後 アロマローション(イランイラン)6時間後 アロマローション(イランイラン)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(イランイラン)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(イランイラン)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・スイートオレンジ(Citrus sinensis)
アロマローション(スイートオレンジ)作成直後 アロマローション(スイートオレンジ)3時間後 アロマローション(スイートオレンジ)6時間後 アロマローション(スイートオレンジ)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(スイートオレンジ)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(スイートオレンジ)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・グレープフルーツホワイト(Citrus paradisi)
アロマローション(グレープフルーツホワイト)作成直後 アロマローション(グレープフルーツホワイト)3時間後 アロマローション(グレープフルーツホワイト)6時間後 アロマローション(グレープフルーツホワイト)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(グレープフルーツホワイト)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(グレープフルーツホワイト)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・シダーウッドアトラス(Cedrus atlantica)
アロマローション(シダーウッドアトラス)作成直後 アロマローション(シダーウッドアトラス)3時間後 アロマローション(シダーウッドアトラス)6時間後 アロマローション(シダーウッドアトラス)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(シダーウッドアトラス)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(シダーウッドアトラス)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・ゼラニウム(Pelargoneum graveolens)
アロマローション(ゼラニウム)作成直後 アロマローション(ゼラニウム)3時間後 アロマローション(ゼラニウム)6時間後 アロマローション(ゼラニウム)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(ゼラニウム)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(ゼラニウム)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・ティーツリー(Melaleuca alternifolia)
アロマローション(ティーツリー)作成直後 アロマローション(ティーツリー)3時間後 アロマローション(ティーツリー)6時間後 アロマローション(ティーツリー)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(ティーツリー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(ティーツリー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・シトロネラ(Cymbopogon nardus)
アロマローション(シトロネラ)作成直後 アロマローション(シトロネラ)3時間後 アロマローション(シトロネラ)6時間後 アロマローション(シトロネラ)20時間後
作成直後 3時間後 6時間後 20時間後>
シャーレに移し、上から見た画像 アロマローション(シトロネラ)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション(シトロネラ)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像

・3週間後の状態
a=無水エタノール(2.5ml 17%)、エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(12.5ml)
アロマローション(エタノール・精製水希釈)3週間後

b=エッセンシャルオイル(3滴)、ミラグロAgua(15ml)
アロマローション(ミ:ラグロ希釈)3週間後

《溶解性(混ざり具合)と透明度》(着色し、油分の浮き具合を観察)

    a(左)=無水エタノール(2.5ml)、エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(12.5ml)
    b(中)=エッセンシャルオイル(3滴)、ミラグロAgua(15ml)
    c(右)=エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(15ml)
  それぞれ、微量の「朱の油」を入れて着色
  (「朱の油」とは、植物油、合成樹脂、顔料(色素)を朱油とよばれるインキ状にしたもの)
  攪拌は、作成時一度だけ20回上下に振ったのみ。放置し時間経過での変化。
・ローズマリー(Rosmarinus officinalis)
アロマローション着色(ローズマリー)作成直後 アロマローション着色(ローズマリー)1時間後 アロマローション着色(ローズマリー)6時間後 アロマローション着色(ローズマリー)24時間後
作成直後 1時間後 6時間後 24時間後
アロマローション着色(ローズマリー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ローズマリー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ローズマリー)精製水希釈、上から見た画像
シャーレに移し、上から見た画像

・ゼラニウム(Pelargoneum graveolens)
アロマローション着色(ゼラニウム)作成直後 アロマローション着色(ゼラニウム)1時間後 アロマローション着色(ゼラニウム)6時間後 アロマローション着色(ゼラニウム)24時間後
作成直後 1時間後 6時間後 24時間後
アロマローション着色(ゼラニウム)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ゼラニウム)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ゼラニウム)精製水希釈、上から見た画像
シャーレに移し、上から見た画像

・ラベンダー(Lavandula officinalis)
アロマローション着色(ラベンダー)作成直後 アロマローション着色(ラベンダー)1時間後 アロマローション着色(ラベンダー)6時間後 アロマローション着色(ラベンダー)24時間後
作成直後 1時間後 6時間後 24時間後
アロマローション着色(ラベンダー)エタノール・精製水希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ラベンダー)ミ:ラグロ希釈、上から見た画像 アロマローション着色(ラベンダー)精製水希釈、上から見た画像
シャーレに移し、上から見た画像
乳化粒子は外観色によって、粒径をおおまかに区別することができます。
つまり、透明度によって粒子の大きさを推定する事ができます。
外観色による乳化粒子の粒径区分
  単位について
  1mm(ミリメートル)=1,000μm(マイクロメートル)
  1μm(マイクロメートル)=1,000nm(ナノメートル)
  1nm(ナノメートル)は、1mm(ミリメートル)の百万分の一
※上部に浮いている精油の量と透明度から乳化粒子の粒径を判断する。
 (シナモン精油など、水に沈む性質のものは下部に沈んでいる量と透明度から判断する。)

乳化粒子の細かさが、お肌への作用の強さに大きく関わっています。


《お肌への浸透と乾燥度》

    a(左)=無水エタノール(2.5ml)、エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(12.5ml)
    b(中)=エッセンシャルオイル(3滴)、ミラグロAgua(15ml)
    c(右)=エッセンシャルオイル(3滴)、精製水(15ml)
  a、b、c それぞれを、腕の内側に一滴づつそっと置き、
  もう一滴は、乾燥の度合いを観る為に、浸透しないラベルシールなどの上に一滴づつそっと置き、
  浸透具合をテスト。
  浸透しないラベルシールは、セロテープなどでも代用できますので、是非お試し下さい。
・ローズマリー(Rosmarinus officinalis)
肌への浸透(ローズマリー)直後 肌への浸透(ローズマリー)20分後
20分後
肌への浸透(ローズマリー)30分後 肌への浸透(ローズマリー)31分後
30分後(aが浸透完了)
31分後(bが浸透完了)
肌への浸透(ローズマリー)32分後 それぞれが浸透完了した時点の部分が皮膚に浸透した量となる。一見、aの浸透速度が速く感じるが、蒸発が速く皮膚への浸透量は少ない。
32分後(cが浸透完了)

・ゼラニウム(Pelargoneum graveolens)
肌への浸透(ゼラニウム)直後 肌への浸透(ゼラニウム)20分後
20分後
肌への浸透(ゼラニウム)23分後 肌への浸透(ゼラニウム)29分後
23分後(aが浸透完了)
29分後(bが浸透完了)
肌への浸透(ゼラニウム)31分後 それぞれが浸透完了した時点の部分が皮膚に浸透した量となる。一見、aの浸透速度が速く感じるが、蒸発が速く皮膚への浸透量は少ない。
31分後(cが浸透完了)

・ラベンダー(Lavandula officinalis)
肌への浸透(ラベンダー)直後 肌への浸透(ラベンダー)15分後
15分後
肌への浸透(ラベンダー)20分後 肌への浸透(ラベンダー)26分後
20分後(aが浸透完了)
26分後(bが浸透完了)
肌への浸透(ラベンダー)31分後 それぞれが浸透完了した時点の部分が皮膚に浸透した量となる。一見、aの浸透速度が速く感じるが、蒸発が速く皮膚への浸透量は少ない。
31分後(cが浸透完了)

ミ:ラグロを使ったアロマローションは、エッセンシャルオイルの成分をしっかりとお肌に届けます。


ミ:ラグロ Agua(pH1.9)は、電解強酸性水
よく誤解されるのは「酸化」という言葉、強い酸性=強い酸化 ではありません!
「酸化」「還元」については「ORPとは?」のページへ『ORPとは?』のページをご覧ください。
ミ:ラグロは、精製水よりも低いORP値。つまり、精製水よりも酸化力が低いのです。

他社の強酸性水は塩化ナトリウム・食塩などの電解剤・電解補助剤(電気分解する時の添加物)を入れて製造しますので、塩素や次亜塩素酸などが含まれます。ORP値は、1,000mV以上ですが、病院などでの消毒・殺菌や代替農薬などに採用されています。しかし、酸化力が強く残留塩素が含まれている為、スキンケアには不向きであることは言うまでもありません。

スキンケア《除菌水》としても活躍するミ:ラグロは、
2年以上性質が変化しない【安定力】という大きな特長を備えています。
したがって、アロマローションや化粧水などの消費期限を大幅に延ばすことが可能です。
ミ:ラグロの除菌力は「除菌力」のページへ『除菌力』「日本食品分析センター検査証」のページへ『日本食品分析センター【検査証】』でご確認下さい。
(※一般の強酸性水は7日〜10日程で中性に戻ってしまい、除菌能力は無くなります。)

エッセンシャルオイル(精油)本来の香りを損なわない、ミ:ラグロを使ったアロマローション。


「アルコールフリー」「防腐剤フリー」、本物の無添加・ナチュラルスキンケア

商品タイトルやキーワード(例)
  「スキンケア除菌水をベースウォーターに用いたアロマローション」
  「無添加スキンケア美肌水をベースウォーターに用いたアロマローション」
  「ウイルス除去・除菌機能付きアロマローション」
   (ウイルス除去機能・除菌機能は、電解酸性水の大きな特長の一つです。)
  「高濃度水素イオン入りアロマローション」
  「敏感肌やアルコールアレルギーの方にも安心なアロマローション」
  「エタノール(アルコール)も、精製水も用いないアロマローション」
  成分表示例:エッセンシャルオイル(○○○)○○ml、水(電解水素イオン水)○○ml
        精油(○○○)○○ml、電解水素イオン水○○ml
        エッセンシャルオイル(○○○)○○ml、水(電解酸性水)○○ml
        精油(○○○)○○ml、電解酸性水○○ml

ミ:ラグロをベースウォーターに使ったアロマローションをバリエーションの一つに加えてみませんか?

この製品は下記検査機関のテストを受けています。
・日本食品分析センター
・東京都予防医学協会
・東京都食品衛生協会
特許番号:第3320042号、第3503936号、第3535451号
類似品にご注意下さい。
アロマローションや化粧水にお勧めの商品
スキンケア美肌水Agua(pH1.9)トライアル
フェイスケア《アグア》100ml<2,100円>アロマローションや化粧水のベースウォーターとしても活躍。
ミ:ラグロ《アグア》pH1.9をお試し価格でご提供致します。
是非、お試し下さい。
※恐縮ですが、御一人様1本限りの販売とさせて頂きます。
スキンケア美肌水Agua(pH1.9)トライアル ¥700円-



スキンケア美肌水Agua(pH1.9)
フェイスケア《アグア》150ml
精製水の2万倍の水素イオンと高い還元力がお肌に悪影響を及ぼす活性酸素を除去、
お肌の酸化を防止し、健全な状態へとサポートします。
アロマローションや化粧水のベースウォーターとしても活躍します。
スキンケア美肌水Agua ¥2,940円-




お取引の量により「卸価格」でのご提供も行っております。お気軽にご相談ください。